就活

京大生が名著「人を動かす」を就活面接で使えないか考えてみた

人を動かすとは

 

人を動かす。とは自己啓発書でも有名なマネジメントの名著です。

 

僕も長期インターンをやっていた時代に先輩からオススメされて読んでとても勉強になったのを覚えています。

 

この本を書いたデールカーネギーは貧しい家庭に生まれました。

大学を卒業後販売員として成功をおさめ、そのお金を使ってニューヨークへ渡ります。ニューヨークに行ってからも色々なことがあったのですが、ついには長年の夢であった講演会の講師になり、その中でも有名で人気な講師になることができました。なぜならば、当時の講演会は富裕層向けのものが多かったのですが、カーネギーの講義は誰でも人生で使えるものだったからです。

 コミュニケーションスキルがありビジネスでも大きな成功を修めたデール・カーネギーは、その後多くの著書を出版しています。その中の1つで、マスターピースと呼べるものがこの「人を動かす」です。

 

 1936年に出版された本書ですが、今でも読んでいる人は多く、なんと1500万部という大ベストセラーを記録しています。

 

今回はこの本を面接に応用できないかを考えてみようと思います。

 

人に好かれる

 

筆者の主張としては、人は感情で動くからどれだけ正しいことを言うよりも、好かれるように振舞う方がいいと言っています。つまり、好きな人にお願いされたらやってしまうということですね。

 

また、人に動いてもらうために常に相手の立場やメリットを考える必要があるとも言っています。なんだよそんな簡単なことかよ!と思うかもしれませんが、実は意外と難しいです。

筆者が人に好かれる要素で書いているのは以下のものです。

 

  • 誠実な関心
  • 笑顔
  • 名前を覚える
  • 聞き手に回る
  • 関心のありかを見抜く
  • 心から褒める

これを面接に応用するとどうなるでしょうか。

 

まず面接の目的は、受かることです。つまり、面接官がこの学生を受からせようと思えば勝ちということですね。

 

誠実な関心

 

これは逆質問の際に、面接官に対して個人的な質問を聞いたり(お仕事されてて一番苦労されたことはなんでしょう。とか。役員に有効らしいです。)、前もって企業のIRを読んだりOB訪問をしていたことをさりげなくアピールすると良いでしょう。私の会社や私に関心を抱いているなぁと思わせるのが肝心です。

 

笑顔

 

基本的なことですが、笑顔を忘れてしまうと相手が気を許しにくくなってしまいます。よく言われるのは、面接を自分で録画して見てみるということです。変な顔や喋り方をしていないかを確認して、爽やかな笑顔ができているか確認すると良いでしょう。

 

名前を覚える

 

面接ごとに担当者の名前を1回で覚えてメモしておきましょう。その面接で忘れるのは防げます。そして面接を通して〇〇さん。と名前を呼ぶと好感度が上がります。(心理学的に)

また、次の面接の前に前回の担当者の名前を復習しておくと、「前回の面接誰でした?」みたいな質問に答えられます。意外に聞いてくる人多いです。

 

聞き手に回る

 

聞き手に回るというのは難しいかもしれませんが、自分が話したいことをノンストップで話すというよりは、向こうの深堀を待つ態度の方が良いと言えるでしょう。コミュニケーションで自分の聞きたくもないことを永遠に話されることほど苦痛なことはありません。面接官に質問させてあげましょう。

 

関心のありかを見抜く

 

これは、面接官の質問の意図を見抜くということですね。質問の真意がわかっていなければ、正解の受け答えをすることはできません。この面接官にはこういった話題が刺さるのだなと1回1回見極めることが重要です。

 

以下の記事に質問の意図集がまとまっていました。

 

https://matcher.jp/dictionary/articles/62

 

心から褒める

 

心から褒めないでください。舐めてると思われます。

 

ただ、逆質問の答えに対して感服したような反応をして、勉強になります。くらい言えれば面接官に好かれる可能性は高いです。

 

参考になります。と言ってしまうと上からになってしまうので気をつけてください。

 

議論を避け、誤りを指摘しない

 

また、人に好かれる意外にも説得する方法も筆者は書いています。

 

それは、議論を避け、誤りを指摘しないことです。

 

つまり、面接官を論破して揚げ足を取ったり、面接官の発言に向きになって議論をしてしまうようなことは絶対にやめてください。

 

面接の目的は受かることです。面接官を論破することでも自分の正しさを主張することでもないので、喧嘩っ早い性格の人は意識しておくと良いかもしれません。

 

まとめ

 

人を動かす。ではそれ以外にも実生活で使えるような人間関係のチップスが多く書かれています。

 

人間関係に悩んでいるとか、彼女と喧嘩が絶えないとか、友達にお願いごとをしたいとか思っている方はぜひ読んでみるといいかもしれません。

 

それでは!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。