就活

就活初めにぴったりな時事問題がよくわかるニュースサイトを京大生がまとめてみた

就活を始めると、社会のことを全然知らない焦ってしまう人も多いと思います。というか普段からニュースを見ててバッチり時事問題をチェックしています。っていう就活生の方が少数派なのではないでしょうか。

 

この記事では、そんな就活生が効率良く情報収集するためのメディアをまとめました。参考にしてください。

 

 

□NHK 就活応援ニュースゼミ

 

https://www3.nhk.or.jp/news/special/news_seminar/jiji/

 

NHKが就活生に向けて今のニュースを解説してくれているメディアです。誰かが書いたニュース記事でもキュレーションメディアでもなくて、大学生と専門家の対話の形で書かれているので、とてもわかりやすいです。地球温暖化のパリ協定に対する解説やアメリカとイランなどの国際関係まで、幅広く時事問題に対応しているサイトなので、就活生はチェックしておくと良いかもしれません。NHKなので情報としても信頼度は高いと思います。

リアルタイムのニュースというよりも、バックナンバーで世界の状態を紐解いていくのに使えそうです。

 

□WBS

 

WBSは就活生が見ておくべきテレビ番組No.1だと思っています。色々な就活インフルエンサーの人たちなどもWBSを紹介することが多いです。

毎週平日の23時からやっており、今日のニュースを1時間で網羅的に流してくれます。僕は毎日23時になったらチャンネルだけ合わせて、他の作業をしながら聞いています。

 

1988年に始まっているので歴史は長く、日経が絡んでいるので情報の信憑性も比較的高いです。

 

https://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/

 

□日経新聞

 

日本経済新聞の内容が頭に入っていれば、就活の面接に必要な情報は得られているでしょう。月額5000円弱で購読することができ、オンライン版も出ているので、スマホから見ることも可能です。しかし、解釈というよりは事実を報道してくれる節が強いので、自分の意見を考えないと、ニュースを理解したとはならないかもしれません。

 

ビジネスマンで購読している人も多いので、日経新聞を読んでみても良いかもしれません。お金を出すのが嫌だという人は、インスタグラムで日経新聞を解説しているセカニチという人をフォローするだけでも学びは深まるだけです。特定個人の解釈も入ってきてしまいますが。

 

□ニュースピックス

 

ニュースピックスは色々なニュースがまとまっているキュレーションメディアです。オリジナルコンテンツの質について一部批判的な見方もありますが、専門家が一つのニュースに様々な意見を出してくれるというのはニュースを見始めた人たちにとってありがたい要素です。

 

プレミアム会員にならなければ見れない記事も多いですが、専門家のニュースへの見方をみながら自分の意見を養っていくのも良いのかもしれません。

 

https://newspicks.com/

 

 □その他のメディア

 

個人的な意見としては WBSと日経新聞で時事問題はキャッチできて、NHKでバックナンバーを拾って、newspicksでオピニオンを作れると思っているのですが、その他のメディアでも色々な情報を得ることができます。

 

四季報とか業界地図とかもありますし、各種就活メディアも色々な情報をくれます。OB訪問で志望業界のリアルな情報を聞き出したり、SNSでインフルエンサーの発言をチェックしてもいいかもしれません。

 

ただ、面接を通るだけなら、

 

・広く浅く色々なニュースに意見を持っておく

・政治と宗教には言及しない

・事実、意見を明確に説明する

・志望業界のニュースは全て網羅する

 

くらいでいいと思います。

 

人材業界ならHRog、広告業界ならDIGIDAYなど、業界特化のメディアも数多く存在するので、「興味のある業界 メディア」で検索してみても良いかもしれませんね。

 

それでは!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。